キリストに出会って人生が変えられた人(コリント人への手紙第二5章17節)

キリストを信じて歩む者は,誰でも新しくされます。

今日は,使徒の働き9章1節~20節から,パウロの回心について紹介します。

使徒パウロは,ガマリエルのもとで律法について厳しい教育を受け,神に対して熱心な人でした。(使徒22:3)

優秀なパリサイ人でしたので,キリストの教えはユダヤ人にとって非常に危険な教えであると心から信じていました。

情け容赦なく荒々しい性格でしたので,クリスチャンたちを次々に迫害し,教会を荒らし,男も女も引きずり出して牢に入れていました。(使徒8章3節)

ダマスコ方面に逃げて行ったクリスチャンたちをとらえ,エルサレムに引っ張ってこようとする途中で,突然天からの強い光に討たれ「サウロ,サウロ,なぜ私を迫害するのか。わたしはあなたが迫害しているイエスである」とイエスさまの御声を聞きます。

目が見えなくなったパウロは,ダマスコに引かれていき,3日間何も見ず,食べることも,飲むこともせず,ただ祈っていました。この3日間は,神と交わり,パウロを変える大切な時間でした。

アナニアに祈ってもらうと,再び見えるようになり,聖霊に満たされ,バプテスマを受け,諸会堂で,「この方こそ神の子です」とイエスさまを述べ伝えるようになります。

180度変えられたパウロの姿に,周りの人々は驚くばかりです。

パウロを新しくしてくださった神さまは,私たちも変えてくださいます。

クリスチャンになるとどのように変えられるか,大切なことを3つあげます。

① 罪が赦されます。私たちの過去の罪も思い出さないと神は言われます。

(コロサイ1:14,ヘブル10:17,エレミヤ31:34)

② 神の子となり,キリストの血によって神の義と認められます。

(コリント第一6:11,ローマ5:9)

③永遠のいのちが与えられます。

(ヨハネ3:16)

(2021年5月30日 本田 和子 姉)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です